最新情報

2017年12月1日


会議室・作業室・点字録音室の予約状況を公開中

※2018年2月までの予約状況(最新)
(お部屋の利用には団体登録が必要です)
※まずホームぺージで、だいたいの空き状況を確認していただいてから、お電話いただけると助かります。

まなぶとできる年末特別企画!!

「オカリナと絵本(読みきかせ)を聴きながら 紅茶でちょっとひといき」子どもから大人まで楽しめるので、親子、友達、孫と一緒など、周りの人を誘って来てくださいね。事前に連絡をしていただけると助かります♪
日時:12/9(土) 10時半~12時半
場所:市民総合センター1階 ロビー
参加費:200円(フレーバーティ付)
ゲスト:オカリナ風雅(登録団体)、読みきかせたい“じんじん”(登録団体)、藤島孝子氏(紅茶専門店KANDYオーナー、人材パートナーズ登録者)


12月から新しい行事保険が始まります

ボランティアや市民活動を行う場合、活動中にケガをした場合の補償や、逆に損害賠償を背負った場合には
・ボランティア保険(4月~3月の1年間で加入、300円~)に事前に加入しておく
武蔵村山市市民活動補償制度を利用する
という2つの方法があります。
しかし、いずれの仕組みもボランティアや市民活動を行う団体(または個人)の側に対しての保険であり、
例えば、ボランティアによって開催される講座やイベントの参加者が、主催者側の責任ではない理由でケガをした場合は補償されません。
そこで、そういった講座やイベント全体に保険をかけましょう、という仕組みの
行事保険 ←リンク先は東京都社会福祉業議会の行事保険パンフレット
というものがあります。
この保険は、行事参加者全体(主催者、スタッフ等を含む)に保険をかける仕組みになっています。
保険に加入するためには、参加人数5人以上の行事で、事前に郵便局等で保険料を振り込んだ上で、郵便振替払込受付証明書とともに、武蔵村山市ボランティア・市民活動センターへ、行事の一週間前までに申込書を提出して下さい。
行事の内容(危険度)によって保険料が変わります。
また一部お受けできない行事もあります。(下図参照)

(ここから本題)
12月1日以降に開催される行事を対象に、
新しく「行事保険(当日参加対応型)」という保険ができました。パンフレットはこちら

ひとことで言うと、行事保険の中から「宿泊を伴わない1日行事で内容がa行事にあたるもの」を切り出したものです。
現時点では、行事保険と保険料も補償される金額も同じです。

(普通の行事保険と行事保険(当日参加対応型)の違い)
【普通の行事保険】
・通常の経路(寄り道をしなければ)ならば往復のケガも補償される
・保険の申込み時までに「住所・氏名・電話番号が記載された」加入者名簿を作成する
 (ただし1日行事は加入時には提出の必要なし、事故が起こった際に提出)
【行事保険(当日参加対応型)】
・往復途上は保険の対象外
・参加者名簿は行事当日に「氏名(フルネーム)の一覧」を作成すればOK。事故発生時にはその名簿を提出する。

今までの普通の行事保険にも引き続き加入できますので、詳しくは窓口でお問い合わせください。


第5回「西武街づくり活動助成金with日本財団」の助成団体募集

第5回「西武街づくり活動助成金with日本財団」の助成団体募集が開始されました。
http://www.seibushinkin.jp/information/new/2017/jyoseikin_2017.html

今年から、武蔵村山市ボランティア・市民活動センターが、申請書類を出していただく「1次選考」の中間支援組織になりました。

詳しくは募集要項を見ていただきたいのですが、概要としましては

●助成対象事業
ア.福祉・医療分野の活動(認知症予防、医療費削減等)
イ.キャリア教育の向上、街づくり、地域活性化を図る活動
ウ.貧困救済、所得格差の改善、女性の社会的地位の改善、自立支援を図る活動
エ.環境保全に取り組む活動
オ.その他、地域・社会課題の解決のために取組む活動

●助成金額
1団体につき上限30万円(ただし、事業費総額の80%以内)

●助成対象事業の活動期間
おおむね平成30年2月~8月の活動

●締切
12月20日(水)までに武蔵村山市ボランティア・市民活動センターへ提出して下さい。

法人格も問われませんし、なかなか使い勝手のよい助成金だと思いますので、ぜひご検討いただいて、まずはご相談ください。

※募集要項に「(申請書は)最寄の中間支援組織へお送りください」とありますので、武蔵村山市i以外の活動団体の相談・申請も受け付けます。


会議室・作業室・点字録音室の予約について

※来年1月までの予約状況(最新)
(お部屋の利用には団体登録が必要です)


講座・イベント情報更新しました!!

《1》「市民ライター養成講座」

現在開催中です。

申し込みは締め切りました。

昨年、1年間かけて「市民活動カメラマン養成講座」を開催しました。
修了生のみなさんは、現在カメラ片手に武蔵村山市内を飛びまわり、たくさんの魅力的な写真を撮影してくれています。
その一部を広報紙やFacebookなどで紹介していますが、これから作成する市民活動ナビなどにも、どんどん掲載していく予定です。

さて、今年は、文章の力で地域にデビューする人を募ります。
みんなでワイワイ編集会議の後、取材に出かけます。広報紙「コラボ・バ」を実際に
制作しながら、編集や文章制作の技術を身に付けましょう!
SNSやブログなどのコンテンツ制作力をあげる力も身に付きます。
フリーライター歴15年のプロから直接指導してもらいませんか!
※最終的にボランティアとして活動していただくための講座です。初心者の方は歓迎しますが、「マンツーマンでイチから全部…」という方は難しいかもしれません。そういった方はカルチャーセンターでの受講をお勧めします。1回で3000円くらいかかりますが。。。。
日 時:9月15日(金)から隔週金曜、すべて午後7時~9時(全6回 参加必須)
内 容:
第1回  9月15日 オリエンテーション・地域課題を知るためのワールドカフェ
第2回  9月29日 広報を考える・取材のアポイントの取り方
第3回 10月13日 取材の準備と写真撮影のポイントを抑える
第4回 10月27日 文章の書き方の基礎とわかりやすいPREP法
第5回 11月10日 文章を書くときに大切な3要素・校正
第6回 11月24日 広報という手法を使ってできる課題解決・グループ対話
場 所:市民総合センター2階 会議室
定 員:16名(応募者多数の場合は抽選)
参加費:全6回3,000円
(初回に会場で徴収します。いったん納入された受講料はご返金いたしかねますのでご了承ください。)
講 師:井上 晶夫 氏
講師情報↓↓
フェイスブック https://www.facebook.com/aiueoinoue

申し込みはしめきりました。

《2》登録団体&人材パートナーズ 体験ワークショップ
修了しました。
第23回「まなぶとできる」
毎日飲みたくなる美味しい紅茶の入れ方実践的に学びます。
お茶菓子を作り、紅茶を入れて、一緒にティータイムを過ごしましょう☆
日 時 2017年9月8日(金)13:00~16:00
場 所 市民総合センター2階 調理実習室
定 員 16名(応募者多数の場合は抽選)
持ち物 エプロン、三角巾、ハンカチ
材料費 600円(参加費含む)


広報紙(コラボ・バ)

武蔵村山市ボランティア・市民活動センターでは定期的に情報紙を発行しています。

・Collabo-ba(コラボ・バ)No.21(2017年8月20日発行))

ダウンロードはこちら
(1面)表紙–「ひまわりガーデン」
(2面)4年目を迎えた夏体験ボランティア
(3面)静岡県牧之原市研修報告
(4面)武蔵村山水泳連盟入会説明会、新婦人の会武蔵村山支部「新婦人まつり」
(5面)健康太極拳武蔵村山同好会合同稽古、武蔵村山少年少女合唱団団員募集
(6面)青森県むつ市ねぶた報告、移動水族館報告、むさしむらやま子ども劇場の話
(7面)市民ライター養成講座、よろず相談、まなぶとできる
(8面)センターからのお知らせ、ほっとひと息など


会議室・作業室・点字録音室の予約状況を公開中

※11月までの予約状況(最新)
(お部屋の利用には団体登録が必要です)


 

市民発!元気フェスタ終了しました

5月21日(日)晴れ渡る空の下、70の参加団体、企業の皆様で、2,061人の来場者を迎え、第2回の元気フェスタが開催されました。ご参加・ご協力いただいたすべての皆様、本当にありがとうございました。

空中からのようす


大判プリントサービス(セルフサービス)を始めました

printer
西武信用金庫の「西武街づくり活動助成金」をいただいて大判プリンターを導入しました。
ちょっとした看板や横断幕、垂れ幕、ポスター印刷といったセミナーやイベントにご利用ください。
ロール紙なので長さを自由に調節できます。
紙の種類は「光沢紙(610mm幅)」と「普通紙(610mm幅・420mm幅)」の2種類になります。
料金はすべて1メートル当たりの換算で
・光沢紙(610mm幅)800円
※たとえばA1サイズ(594 × 841mm)1枚が800円
A2サイズ(594×420mm)は1枚でも2枚でも800円
・普通紙(610mm幅)400円
・普通紙(420mm幅)300円になります。

データはPDF形式での持ち込みでお願いします。
(フォントはアウトラインをとるか、埋め込んでください。そうでない場合はこちらの用意しているフォントでお願いします。データの形式についてのお問い合わせはご遠慮ください。)
セルフサービス以外の、こちらでの操作・印刷をご依頼される場合は1件について500円の作業料金をいただきます。


NPO・協働 よろず相談

NPOの運営に関する疑問や困りごとをご相談ください。
必要な場合は専門家をご紹介します。また日程のご都合が悪い場合はご連絡ください。

相談は予約制になります。お問い合わせフォームから相談内容 などをお知らせください。
日 時:9月30日(土)13:00~17:00
10月28日(土)13:00~17:00
相談員:武蔵村山市ボランティア・市民活動センター スタッフ


ボランティア登録しませんか!!

ボランティア登録しませんか!!
まずは自分のできることと、活動可能な時間帯を登録してください。
登録用紙をダウンロードして必要事項を記入の上、
武蔵村山市ボランティア・市民活動センター窓口までお持ちください。
なお、窓口では300円から入れる、ボランティア保険の加入も受け付けています。

登録用紙ダウンロード 実際のボランティア依頼の例
※以下は実際にボランティアの依頼があった例です。
【高齢者関係】
・デイサービスでのレクレーションをして欲しい
・自宅や高齢者施設に来て将棋の相手をして欲しい
・高齢者施設で囲碁や麻雀の相手をして欲しい
・施設で音楽、フラダンス、正月のお祝いなどをして欲しい
・車イスでの外出の補助(病院、買物など)をして欲しい
・自宅へ来て訪問理容をして欲しい
・粗大ゴミを出すのを手伝って欲しい
・健康体操を教えて欲しい
・絵手紙を教えて欲しい
・デイサービス時に中国語の通訳をして欲しい
・テレビ番組へのエキストラ出演をして欲しい
・施設の活動の手伝い、利用者との話し相手をして欲しい

【障がい者・児関係】
・施設で誕生会のボランティアをして欲しい
・入院中の方へのPC指導をして欲しい
・自宅まで来て傾聴ボランティアをして欲しい
・調理実習の時に補助をして欲しい
・会議中の保育の手伝いをして欲しい
・ハロウィンパーティーでの演奏をして欲しい
・施設でのかき氷大会の補助をして欲しい
・障がい者団体の旅行時のバスでガイドをして欲しい
・障がい児の帰宅時見守り
・施設でバルーンアートをして欲しい
・クリスマス会でマジックや劇をやって欲しい

【児童・生徒関係】
・タウンミーティング開催時の保育をして欲しい
・イベントのステージでパフォーマンスをして欲しい
・子どもにスケートを教えて欲しい
・外国から来た子どもの通訳をして欲しい
・折り紙やお手玉などの伝承遊びを教えて欲しい

【その他】
コンサートの設営、撤収をして欲しい
フードグランプリのボランティアをして欲しい
生涯教育フェスティバルのボランティアをして欲しい など


人材パートナーズを活用してみませんか

人材パートナーズについて
「人材パートナーズ」とは、市民活動グループ(2人以上)と、豊富な専門知識や技能・経験を地域に役立てたいという方の人材情報をつなぐ人材情報ネットワークです。
http://musashimurayama.org/?page_id=1379

 


フリースペース「ほほえみ」オープン!!
–無線LANも使えます–

フリースペース
salon
従来の作業室の一部を、朝8時30分から午後5時まで予約なしで利用できるフリースペースとして開放しました。休憩や短時間の打合せなどにご利用ください。
届出制で無線LANの利用もできます。また自動販売機(110円~)も設置しましたのでご活用ください。


ロッカー利用について

ロッカー利用について
(利用者のみなさまへ)
ロッカーの配置替えをしましたので、ご利用ロッカーの配置をご確認くださいますようよろしくお願いいたします。
また、ロッカーの鍵をお持ちの方に限りますが、月曜の休館日もロッカーが利用できますので、
本年度の更新手続きがお済でない団体の方は、お早めに武蔵村山市ボランティア・市民活動センターまでお越しいただくか、ご連絡ください。

※印刷機は、従来通り月曜日の利用はできません。



Posted by 吉冨広